留学を終えて

「ねえ、たかふみはエディンバラを日本と同じように自分のホームだって感じる?」
帰国を数日後に控えたある日、仲良くしていたフランス人の女の子にそう尋ねられた。
「うん。そう思うよ。」深い意図はないのだろう。そう思って軽く応えておいた。
次の日一緒にご飯を食べていたら彼女がふと思い出したように言う。
「ホームって家族がいないとホームじゃないのよ。」
色んな感情が込み上げてきて言葉に詰まった。
ーーーーーーー

 

これは1年前、俺が留学に行くちょうど2ヶ月前、SFCで仲の良かった友達が交換留学を終えるにあえてかいたブログの書き出し。
(もちろん無断掲載は無礼講)

このブログを読んだ時、なんて美しいんだろうって思った。もちろんこの文章も(絶対狙っただろってくらい)小説のように綺麗なんだけど、でもそれ以上に、留学先の子に「ねえ、あなたはこの土地がホームだと思う?」なんて聞かれる、その出来事自体が素晴らしく美しい、そう思った。

(俺の知る限り、こんな情景、次の日にふと思いだして忠告してくるような情景、あだち充の漫画の中だけにしか存在しない)

 

前置きがながくなったけど、とにかく、留学にいくにあたって、俺も帰国時には絶対にこのフレーズを留学先の子に言ってもらおうと心に誓っていた。

 

そして、つい先日、ついに留学の終わりを迎えた。仲のいい友達が寮を退出する前の日に、boba milk tea を買った帰り道、歩きながらこういってくれた。

” you become really my close friend, so whenever you want to come to LA, let me know with free. Then you can stay at my house and hang out together.”

俺は、9ヶ月同じ寮で生活しただけで、こんな風に、しかも異国の地から来た異端児に対して、こんなこと言ってくれるなんて思ってもいなかったから内心「あれ、ホームのこと聞かないの?」とかちょっと思いながら、正直結構驚いてた。

それと同時になんか、心底じわじわ嬉しかった。

多分きっと、一人一人留学した子たちにストーリーがあって、言葉はどうあれ、こんな風に異国の地で出会った人に素敵な別れの言葉をいってもらえた。それ自体が、素晴らしい体験で、振り返ったときに美しい人生の一節になってるんだろうなって、そう思いました。

(ちなみにサッカー部で一番仲良かったフレンチ2人は、最後だからってチョコチップクッキーくれた。嬉しかったけど、やっぱある程度情景って大切だと思った)

 

つーわけで、留学をおえて、帰ります。

今LAXのラウンジにいて、後30分で日本に向け発ちます。

 

みんな誕生日メッセージありがとうございました。「留学の話たのしみにしています」って結構な人がいってくれて、正直何話せばいいかまったくわからず、今からかなり困ってます笑。まあ一緒に美味しいものでも食べにいきましょう。

see you soon

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中